デロイト トーマツ グループが、サイバーセキュリティに関するコンサルティング等を提供する新会社「デロイト トーマツ サイバー合同会社」を、2019年4月に設立すると発表しました。
すでにグローバル規模でセキュリティコンサルティングのマーケットリーダーであるデロイト(*)の実績を背景に、日本においてサイバーセキュリティ分野での業容拡大を加速させるべく、本年6月より本格的に事業を開始。
デロイト トーマツ リスクサービス、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社でサイバーセキュリティ関連の活動に携わる約120名のメンバーを中心に発足し、今後順次人員を増強していくとのことです。
(*)ガートナー社のランキング(2017年)で、デロイトは世界のセキュリティコンサルティングサービスにおいて6年連続で1位を獲得


これまでも、デロイト トーマツ リスクサービスでは、サイバーセキュリティに関する戦略立案、監督体制構築、インシデント対応等、技術と管理の両面からコンサルティングを提供しています。
また、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社では、サイバーセキュリティに関わる各種基準策定の動向も踏まえ、企業のグローバル事業展開をサイバーセキュリティの観点から支援する戦略コンサルティングに強みを持っています。
両社のプロフェッショナルが新会社に集結することで、未来を見据えたセキュリティ戦略の立案・テクノロジーの深い知見を活用した現場の課題解決を可能にすると言われています。世の中のIot化に伴い、企業のサイバーセキュリティ対策は以前よりも重要度が増しているだけでなく、より高度な技術が必要とされています。

この分野は、対応できる人材不足も問題となっており、人材育成が急務の課題と言われています。
PwCが2015年に立ち上げた「PwCサイバーサービス合同会社」、KPMGの社内のサイバーセキュリティ専門チーム編成など、コンサルティングファーム各社も注力をしている分野です。
製造業を中心とする企業のloT化に伴い、各社どのようなセキュリティ対策を講じていくのか、人材をどう確保していくのか注目が集まります。