アクセンチュアが開発協力した、JALの人工知能(AI)を活用した空港旅客サービス案内の支援システムが、成田空港・羽田空港の国際線チェックインカウンターで試験導入されました。


今回、アクセンチュアが開発協力したサービスは、空港スタッフの発言内容をAIが正確に解釈し、必要な情報を瞬時に自動でスタッフが持つタブレット端末に表示させるというシステムです。
この開発にはアクセンチュアの「AI HUBプラットフォーム」が採用されており、アジャイル型で開発が進められたとされています。

今回の試験導入に先立ち2018年10月に成田空港・羽田空港のチェックインカウンターで一部のスタッフを対象に検証を実施。
その結果を踏まえ、今回、実際のチェックイン作業における試験導入が開始されました。
今後は、2019年3月末まで試験導入を継続し、評価を行った後、本格導入が検討されるとのことです。

昨年10月には、NTTコミュニケーションズと大日本印刷(DNP)が、「AIが会話しながら接客をするSPツール」を共同開発。
実店舗導入に向けた実証実験を行っているなど、接客のAI活用に関する検証が盛んに進められています。
今後の本格導入に向けた動向が気になるところです。


参照
■音声認識AI(AI HUB)を活用した空港旅客サービスの高度化~おもてなし溢れる一歩踏み込んだお客様サービスを目指して~

JAL、アクセンチュアと協力し、人工知能を活用した空港旅客サービスシステムを試験導入
大日本印刷とNTT Com AIで新たな顧客体験を提供する店頭SPツールを開発