専属エージェント

榎本 雅仁

フリーコンサルタントの場合、レジュメは必要不可欠な営業ツールです。常に最新の状態に更新したものを準備しておきましょう。

フリーだからと、何でもかんでもやみくもに仕事を受けるのではなく、自分の得意分野の仕事を受け、プロフェッショナルとして価値を提供することが必要とされます。そうすることで、クライアントも成果物に対して喜んでくれるでしょう。好循環で仕事を回すためにも魅力的なレジュメを準備し、営業ツールとして活用する必要があります。今回はそのレジュメの作り方についてご紹介します。

得意分野を明確に

フリーコンサルタントにクライアントが仕事を依頼する場合、プロフェッショナルとしてのスキルを期待しています。つまり、フリーコンサルタントは、受ける仕事は自分の専門性を活かせる、得意分野に限定しましょう。

得意な仕事をすることでクオリティを担保すれば、クライアントの信頼関係も良くなります。
何でもかんでも仕事を受けるのではなく、自分の得意分野に絞って仕事をした方がやりやすいでしょうし、クライアントも成果物に対して喜んでくれるでしょう。

反対に、苦手な仕事を受ければ、その逆のことが起こり、誰もプラスにはなりません。
そのためにクライアントに得意分野を伝え、自分の専門分野の依頼がくるよう仕掛けることが重要です。こうすることで、好循環が生まれ、得意な仕事ややりたい仕事のみで生計をたてられるようになり、フリーランスとしての醍醐味を実感することができます。

このように、専門性を活かせる得意分野の仕事を得るためには、フリーランス自身は自分の得意分野が何なのかをより具体的に説明できる必要があります。その説明の際に、かかせないのがプロフィールです。

営業の必須アイテム レジュメ

フリーランスが好循環で仕事を回すために、経歴や得意分野を明示したレジュメは重要です。
レジュメがないと、自分がどこで何をしてきて、今何をしているのか相手はわかりません。レジュメによって、自分の専門分野を伝えることもできます。フリーランスの営業の際には、レジュメは必須アイテムなのです。

例えば、仕事で知り合った人にメールを送るときに活用するのもいいでしょう。
新しく知り合った人には、会ったその日か、翌日にはコンタクトを取ることを心掛けましょう。もたもたしていると相手が「誰だっけ?」「何の話をした人だったかな?」となってしまうからです。相手の記憶が鮮明なうちにこちらからアクションを起こすことも意識しましょう。

相手に渡すものとしては、紙媒体なら名刺、レジュメ資料、セルフマガジンなどもあります。ネット媒体ならホームページに掲載したり、ポートフォリオを用意したりして、すぐに提出できるように準備しておきましょう。

フリーランスの営業アイテムプロフィール

魅力的なレジュメ

では、具体的にどのようなレジュメにしたらよいのでしょうか。

レジュメについては、履歴書と職務経歴書を合わせたようなものがおすすめです。
全部でA4、2ページほどあれば十分でしょう。

会社案内があるようにフリーランスの人もセルフマガジンを作るのも有効的です。
セルフマガジンは、内容の濃いものでなければ逆効果ですが、面白いものが作れれば仕事の受注に繋がる紙媒体としては一番効果的かもしれません。

まずは、自己紹介として、自分の学歴、仕事の得意分野、職歴などを記し、次にフリーランスになってからの仕事の実績などを紹介しましょう。

最近では、仕事に対する理念や心情など、よりパーソナルな部分を打ち出し、人として興味を持ってもらうことでクライアントとの信頼関係が築ける傾向にあります。
これは、博報堂が、2012年に「応援される企業」という書籍を発表してからというもの、社会全体が情報化社会となり、消費者の選択理由の移り変わりの傾向にあるという背景があります。単にものの良し悪しでは判断できないほど、良いものに恵まれ、好き嫌いで判断できないほど、ものが溢れた現代では、次の選択基準として、その企業や個人を応援できるかどうかにあるというものです。

特に、フリーランスは大企業と比べ資源に劣りますので、そうしたパーソナルな部分という他にはない唯一無二のオリジナリティをアピールすることで興味を持ってもらえやすくなります。

とは言ってもやはり仕事です。自分が今までにやってきた仕事の実績はできるだけアピールしましょう。いくら人間的に魅力に感じても、肝心の仕事のクオリティが高くなければ、ビジネスパートナーとしては選ばれません。

ウェブを活用して新規開拓を

魅力的なレジュメが準備できたら、ウェブを上手に活用しましょう。
クライアントが仕事の依頼先を探すとき、ネットで検索することが多いもの。そのときに、自分のレジュメがウェブでヒットするようにしておけば、依頼先を探している多くのクライアントに、自分の存在を知ってもらえるチャンスが大きく広がります。

ウェブのレジュメから来た問い合わせや仕事の依頼は、そのほとんどが自分の得意分野に関することです。これこそが、自分の「やりたい仕事」を獲得する方法であり、「やりたい仕事」が自分に発注されるという状態です。

フリーランスのプロフィールはウェブに掲載

レジュメまとめ

フリーランスが仕事を獲得していく上で、レジュメは必須アイテムです。クライアントの目に留まるような魅力的なプロフィールを作成するために、まずは自分の得意分野を明確にしましょう。そのうえで、その得意分野を記したプロフィールを作成します。紙やウェブで作成しておくことで、営業ツールとして使うことが可能です。具体的には、学歴や職歴、仕事の実績はもちろんのこと、自分の信念などパーソナルな部分を記載することも営業ツールとして有効です。そうしてプロフィールの内容が完成したら、ぜひウェブに掲載することも検討してみてください。