専属エージェント

榎本 雅仁

案件単価のアップを目指すならSAPの経験は有効です。
独学でも知識の習得は可能です。まずは稼働の合間に勉強してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

SAPとはどのようなものでしょうか。そのスキルを身に着ける方法や、資格情報、さらに初心者向けの技術情報をまとめました。

SAP案件とは

SAPとは、ERPパッケージでグローバルシェアトップのドイツのソフトウェアメーカー。
パッケージソフトを大企業向けに開発・販売。そのソフトの導入や設計を担当するエンジニアはSAPエンジニアと呼ばれ、通常のエンジニアとは一線を画しています。
SAP案件は、様々な経験が必要とされることが多く、大手案件が多数のため、高単価です。

SAPエンジニアのスキル

SAPシステムの管理や保守には、専門的な知識が必要になります。
最も重要な知識とされるのが「トランザクションコード」。

SAPシステムは、システム内で用いられる専用のトランザクションコードを画面上から入力して、データ投入、データ更新、システムの状態やデータ更新状況の把握、カスタマイズや開発作業などを行います。

トランザクションコードは、「SAPシステムを導入した企業のユーザー側が使うもの」と「システム管理者および開発者が使うもの」があります。
SAPは導入先のユーザーが日常的に使用するシステムであり、企業内のさまざまな処理をトランザクションコード入力から進めているのです。
そのため、システム管理者や開発者が使うトランザクションコードだけではなく、ユーザー側が使用するものにも精通する必要があります。

SAPシステムを正常に管理・更新・保守していくために、ユーザーがどのような処理を行い、それをシステム側がどう処理しているかをしっかり関連付けて把握するスキルが大切なのです。

SAPシステム運用経験のあるエンジニアが求められる理由で詳しくご紹介しています。

SAPエンジニアのキャリアと資格

ITエンジニアが、キャリアアップとしてSAPシステムの領域を目指す場合、どのようにスキルを身に着けたらよいのでしょうか。
SAPエンジニアは、アプリケーション側のエンジニアとインフラ側のエンジニア、ITコンサルタントにわけられます。インフラエンジニアの場合は、それまでのキャリアに関わらずSAP案件へ参入しやすいです。

しかしながら、SAP案件の経験を積みたいと思った場合、独学で学ぶのは難しい状況であるといえます。SAP専門のトランザクションコードに関する知識が必要な上、独自言語「ABAP」の知識も必要とされるにもかかわらず、その情報はオープンに開示されているものではないため、独学で習得するのは不可能に近いのです。

SAPの知識を深めたい場合、SAPアカデミーを利用して資格を取得するという方法もあります。ここでは、SAPのパッケージを分野ごとに分け、試験が開催されていますので、自分に必要な分野だけ取得することも可能です。

さらに、SAPエンジニアには語学力も必要とされます。
パッケージに関するドキュメントは英語のものも多く、英語の読解力が必要となります。
また、SAP案件は、グローバル企業に導入されることも多く、開発の上流工程を希望するのであれば、英語でのコミュニケーションは必須といえます。

これからSAPエンジニアを目指すならアドオン開発知識が必須

SAP案件の中で、比較的人材募集が多い分野が、アドオン開発です。
アドオン開発とは、標準機能だけでは実現できない顧客要件を、SAP独自言語であるABAPを使用して実現する事を指します。
このアドオン開発に関する知識の有無が、SAP案件へ入り込めるかどうかにもつながっています。
このSAPアドオン開発については、
SAPエンジニアを目指す方へ アドオン開発基礎知識で詳しくご紹介しています。

また、入門者が押さえておきたいトランザクションコードについてもまとめてあります。

SAP案件の仕事を探す方法

SAP案件の仕事は、高単価な上、大手企業の仕事が多く、普通の求人サイト等ではなかなか見つけられないもの。この分野に強い、マッチングサービスなどを使いSAP案件を探すのが便利です。

SAP案件につよいマッチングサービスのひとつがコンサルタントジョブ
コンサルタントに特化したビジネスマッチングサービスであり、親会社がコンサルファームということもあり、SAP案件にも強いマッチングサービスとなっています。
案件を検索して、単価の相場や案件の市況感などをつかむのにもぴったりです。

ぜひ一度覗いてみて下さいね。